ハンクモブレー 

当サイトでは、素晴らしいビバップ、ハードバップジャズサックス奏者ハンクモブレーについて、今後様々な記事、アドリブの分析など書いていこうと思っております。

 

jazz-mobley

ハンクモブレー 『ウィキペディア(Wikipedia)』より

ハンクモブレー(Hank Mobley)

ハンクモブレーまたはモブレイ(Hank Mobley, 1930年7月7日 – 1986年5月30日)は、アメリカ合衆国のテナーサクソフォン奏者で作曲家。本名はヘンリーモブレー(Henry Mobley)。ハードバップやソウルジャズのジャンルで活躍した。レナードフェザーによって「テナーサクソフォンのミドル級チャンピオン」と呼ばれたことで知られる。この隠喩は、モブレーが平凡であるかのような印象を持たせかねないが、実際にはジョンコルトレーンほど鋭くもなければスタンゲッツほど円やかでもない音色を指している。付け加えると、ハンクモブレーの音楽様式は、とりわけソニーロリンズやコルトレーンと比較すると明らかなように、落ち着きがあって精妙かつ歌謡的であり、ジュニアクックやジョージコールマン、ジョーヘンダーソンらに影響を与えたものの、その才能が識者に完全に評価されるには、モブレーの没後を待たねばならなかった。

 

A-135872-1367166852-9730.jpeg.jpg

略歴
ジョージア州のイーストマン(英語版)に生まれるが、ニュージャージー州ニューアーク近郊のエリザベスに育った。
初期の活動においてディジーガレスピーやマックスローチと共演する。アートブレイキーやホレスシルヴァー、ダグワトキンスおよびケニードーハムと並んで、ハードバップの画期的なセッションの一つに参加した。その成果は、アルバム『ホレスシルヴァーアンドジャズメッセンジャーズ』として発表されており、ハンクモブレーのよりブルージーな抒情性と、シルヴァーのファンキーなアプローチとのお蔭で、クールジャズの取り澄ました古典性とは対極にある。「ジャズメッセンジャーズ」が1956年に分裂すると、暫くはシルヴァーと演奏を続けたが、数年後にはブレイキーと再び共演するようになり、1960年代初頭のハンクモブレーのアルバムにもブレイキーが出演した。
1960年代は主にバンドリーダーを務め、1955年から1970年にかけてブルーノートレーベルに20枚以上のアルバムを録音した。1960年の『ソウルステーション』と『ロールコール』は、代表作のアルバムである。最も重要なハードバップの演奏家、例えばグラントグリーンやフレディハバード、ソニークラーク、ウィントンケリー、フィリージョージョーンズらと共演し、トランペッターのリーモーガンとは、とりわけ実り豊かな協力関係を築いた。ハンクモブレーは、興味深いコード進行や、独奏者の見せ場を繰り広げたことにより、ハードバップの時代の最も偉大な、独創的な作曲家の一人として広く認められている。
1961年のアルバム『アナザーワークアウト』は、どうしたものか1985年まで発売されなかったが、たちまち古典的名作として認められた。
ハンクモブレーは、1961年に一時期ジョンコルトレーンの代役探しをしていた時期のマイルスデイヴィスとも共演している。ハンクモブレーは、マイルスデイヴィスのアルバム『サムデイマイプリンスウィルカム』に出演しており(但しいくつかの楽曲では、収録のためにジョンコルトレーンが復帰している)、いくつかのライブ録音にも参加した。ハンクモブレーは、ジョンコルトレーンほどの即興演奏の熱気がないと見る向きもあるものの、それでも歌うような演奏で名高いテナーサクソフォンの巨星であった。
1970年代半ばに肺の障害のため引退を余儀なくされる。1986年にデュークジョーダンと共演した後、肺炎により歿した。

hank-mobley-during-horace-silver_s-the-stylings-of-silver-session-hackensack-nj-may-8c2a01957-photo-by-francis-wolff

ハンクモブレーのアドリブラインはとても美しく、コードに対して誠実、またユニークなメロディ、ハーモニーを作り出すことができる素晴らしいインプロバイザーです。

ハンクモブレーの初期の演奏はシンプルで、まるでビバップのお手本、教科書のようなアドリブなので、これからアドリブを身に付けたい、また深く学んでいきたい方にオススメのプレイヤーです。

このサイトのハンクモブレーページでは、オススメの音源や、アドリブソロの分析、フレーズ練習なども書いていこうと思います。

もし興味ありましたらチェックしていただけると幸いです。

どうぞ宜しくお願い致します。

 

 

 

JAZZ SAX LESSON.NET MENU

36616254_2129670227075397_4256392420893130752_n

ジャズサックスレッスンネットでは、ジャズのアドリブ、ビバップのアドリブを習得したい方へ向けた様々な情報を掲載していきます。スケール、コード練習、ツーファイブフレーズ、各種アプローチ、アドリブのアイデアなど。無料譜面の掲載の他に、ジャズサックス奏者のコピー、フレーズ分析、youtube動画、また東京、関東圏での対面レッスン、日本全国から受講できるスカイプレッスンのご案内、アドリブテキスト、教則本の販売なども予定しています。ぜひジャズ、アドリブの練習のアイデアとしてご利用いただけると嬉しいです。更新は不定期ですがぜひチェックよろしくお願い致します。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中